2007年9月17日 (月)

オイシイ勝ち方

J1第25節・G大阪戦

2-0(坂田2- )

仕事で長きに亘り名古屋出張。

社長のポケットマネーでプチ豪華なグルメに

ちょっと気を抜きすぎてしまい仕事を滞らせる。

その後の溜め込まれた仕事をクリアして

なんとか大阪遠征に出張ることが出来ました。

まぁ、1試合コメントをパスすることになったけど

気にも留める試合内容ではなかったしスルーで。

中断期間を挟んでのうちらにとっては山場となる2連戦の初戦。

殴り合いも致し方ないと思っていましたけど

終わってみれば完勝!

しかも点の入り方が

サービス期間でしたか(笑)

あまりにも理想的な獲り方。

坂田の持ち味をきちんとあちらさんは出し切ってくれました。

それもまさか

リアルな世界でリピート再生(爆笑)

立て続けに同じようなシーンを見ることになるとは…。

こっちの気構えが出来てないってば(笑)

さらに無失点とくれば万全の状態ですな

あのチームをホームで迎え撃つには!

絶っ対に負けてはいけない相手。

今回みたいな完勝を!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月30日 (木)

奇跡の目撃者

J1第23節・磐田戦

4-1(大島、ジロー、功治、坂田-加賀)

大雨の中の観戦、お疲れ様でした。

私は今日は微熱を引きずっています。

まぁ、体調を崩してもあれだけの試合をしてくれたら

倒れても本望です。

でも、倒れたくないけどね(笑)

しかし、スコア的には良かったけど

内容はねぇ…

あのヤル気の無さは、やっぱ演出ですか?

やることのほとんどがチグハグで

ボールが一向に前に運ばれない。

攻め来られればはじき返せない。

挙句の果てには先制される…。

それでもギリギリのところで追いついて

後半になったら

チームが丸ごと入れ替わった?

流れるような攻撃が続くこと続くこと。

気づいてみたら、また大量リード。

それも全部が攻撃陣によるスコア。

でも、この破壊力を導いてくれたのは

マルケスのおかげでしょうね。

やっぱ、うめぇ~よ、あの人。

右に行っても、左に行っても、真ん中に行っても

普通に攻撃の中心にいたもの。

今まで功治に頼りっきりの部分があったからね、攻撃は。

状態も万全じゃないのにね。

それがマルケスがあれだけの動きが出来れば

さらに威力増しちゃうじゃん(笑)

しかも功治はあの異人さんに連れて行かれるからね。

それ考えれば、これからマルケスの存在は大きいよ。

あれ、功治は赤い靴履いていたような…。

まぁ、それはそれ。

ただ、マルケス

ゴール決めたがっていたよね。

攻撃陣、皆決めて

途中出場のジローまで決めてたし。

カウンターもFKも決める気満々に見えました。

今度ばかりはケガしないでよ、ホントに。

ケガさえなけりゃ相当の選手なのはわかってますから。

頼りにしています。

しかし、それ以上にこの試合ですごかったのは

後半残り時間わずかなところで

残っているカード、2枚切ったこと。

しかも、河合に替えて那須、小宮山に替えて裕介。

えっ、これってまともすぎないかい?

うちの監督ってヒロシくんだったよね?

Jクラブの監督らしい采配してる(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月27日 (月)

勢いに呑み込まれた

J1第22節・広島戦

2-2(大島、ハユマ-森崎浩、柏木)

仕事絡みの用事が思ったよりも長引き

スタジアムに着いたのが試合開始10分前。

えらい疲れた行程でしたが

試合内容もけっこうしんどいものがありました。

こんな季節に

こんな過密スケジュール。

ここまでけっこう良い感じで消化してきたけれども

いつかは止まらざるを得ないとは思っていたけれども

よりによってここで止まるとは…。

なにせ相手はポイントゲッターを

一回お休みで欠いている状態。

そんな相手に2失点。

明らかにDF陣の動きが重く見えてましたから

致しかたありませんか。

しかも相手は何か知らないけど元気一杯。

きれいにパスが回ること回ること。

うちのパスは切られること切られること。

ある意味、2点獲れたのが奇跡?

あそこまでチグハグな展開の中で

きっちり獲り返せただけでも収穫としましょうか。

ハユマで追いついて

マルケスが煽ったあたりで

ちょっとは夢みたんですけどねぇ…。

まぁ、これが今の実力でしょう。

あわや勝点「0」も有り得たんだし

勝点「1」取れたことを良しとするべきか

ただ、先々で勝点「3」取れなかったことが悔やまれるか

それよりも次だ、次!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

お腹いっぱいです

J1第21節・名古屋戦

3-0(松田、坂田、オウンゴール-  )

珍しく連休を貰えたのでやっと帰ってきました。

それにしても連勝が止まらない。

前半の内容からしたら

ちょっと妖しげな空気も感じましたけど

想い過ごしでしたね。

すべてのゴールをうちらに魅せるための演出(笑)

セットプレーをモノに出来るようになれば

攻撃は安定してきますなぁ。

1点獲ってしまえばイケイケモードにスイッチ入るし。

手数を多くするから相手がミスしてくれるし。

オオシのパートナーとして

やっと坂田にも得点を感じれるようになったし。

まぁ、何回かチャンスはその前にあったんですけどねぇ…

でも、1試合で1回、チャンスを活かしてくれれば良し!

あまり欲張りすぎるのもなんですしね。

しかもDFは無失点。

チームバランスが良い象徴ですな。

これだけ連勝が続けば順位が上が…らない……。

やっぱ、上位陣の戦い方は安定しちゃってるのかな?

まぁ、直接対決で1チームずつ叩いていけば良い事だし

慌てることもないでしょう。

まだ肌寒い頃は下との差を見ていたのに

今は上との差を見られるようになってきてるんだし。

とりあえずは次のホーム。

観客数が激減しないことを期待します。

しかし、名古屋でグルメツアーをかます事になるとは思いませんでした。

時間があり過ぎるもの問題ですな。

味噌煮込みうどん・天ムス・きしめん・手羽先・味噌カツ・ひつまぶし・あんかけスパ…

摂取したカロリーと消費したカロリー差

うちの得失点差並みのプラスでございます(T_T)

しばらくは節制の日々ですなぁ…。

いろいろとヤバイお年頃なんで(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木)

安定感はあるんだけど

J1第20節・川崎戦

2-1(大島、功治-鄭大世)

この猛暑の中の過密日程

ホントに乗り切れるのか不安になっていています。

昨日は昨日でギリギリまで仕事のため

早足でスタジアムまで。

息を整える間も無くキックオフ。

しかも内容は緊迫した展開。

おかげで試合終了後の帰り道は

何回かいけない世界に行きそうでした(笑)

まぁ、それはそれとして

獲るべき人が獲ってくれると負けないよ!

功治に頼ることが多かった展開が

しっかりとFWが仕事してくれると

見ていてとっても安心。

大島はきっちり決めてくれるし

坂田はサイドえぐってくれるし。

どうか、これが続きますように(笑)

毎度のことながら、突然何事もなかったように

ピタッと機能が停止してしまうところがあるから

うちのFWは。

今度こそは期待しています。

攻撃は良い状態なんだけど

2試合連続失点ですか…。

しかも、すっごく嫌な時間帯にやっちゃってるねぇ…。

まぁ、前の試合の迷い人はどうでもいいけど

イケイケのチームは多いから

点差のあまり無い時のあの時間帯の失点は

正直、体に悪いです。

ましてや、ロスタイム4分とか出てるとね(苦笑)

それでなくてもうちのベンチにいる方は

違った方向にミラクル発動しまくる方ですし…。

守りきるなんて采配は皆無でしょうから

選手の奮闘に期待しないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

ダービーと言うには恥ずかしい

J1第19節・えふし~戦

-1(大島ハット+1功治2坂田幸宏-平本(チッ)

久しぶりのリーグ戦でのお休み。

時間を持て余しそうだったので

朝からスタジアムに行って

ボランティアに勤しんでいました。

歳を省みなかったから

若干、倒れる寸前でしたが

皆様、お疲れ様でした!

そこまで仕込んでの大事な今日の試合、

3/10の何倍返し?(笑)

5万を超える観衆の前で

期待したのは圧勝だけど

ここまでしていただけるとは!

うちってここまで空気が読めるクラブだっけ?(笑)

先制点を獲るまでは

正直いってイヤな雰囲気が漂いかける

そんな感じがしたのは気のせい……でしたね。

まぁ、ハーフタイムを挟んだら

止まらないなんてものじゃない!

浜スタと競技が違いませんか(笑)

他サポからみれば、そこまで凹らんでも

って思うかもしれませんが

これは決して弱いものイジメではない!

去年の暮れに超えて来てはいけない境界線を越えて

迷子になってしまった彼に

来た道をちゃんと帰れるように諭してあげただけ。

大人としてやるべきことしただけなのです。

だから、もう迷いこむんじゃないよ(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

昨日の収穫は…

親善試合・バルセロナ戦

0-1(  -ドスサントス)

J再開直前の試合

いくら相手が豪華なメンバーとはいえ

やっぱりというぐらいのスコアレス…。

せめて無失点に抑えてくれればとも思うけど

それはそれで入場料を考えると

割が合わないとも思えるしねぇ…。

まぁ、収穫といえば

ダービーでの混み具合の予行練習(笑)

帰りのことを考えれば

予習が出来たから良しとしておきますか。

うちらの本番は11日なんだし。

ここでピークになってるよりはえぇんじゃないかと思うこのごろ。

ただ、あの混み具合をもう一度となると

今からけっこう消耗してしまうのはナゼ?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

また負けたのね…

ナビスコ杯予選リーグB組第1戦・大宮戦

0-1(   -大悟)

公式戦、ついに3連敗…。

どこまで続いてしまうのやら。

長引きそうだからシャレになりません(涙)

まぁ、この試合見てませんので推論ですから

あまりいじめないでね。

無得点ってことは

安全地帯で無意味にボールを回していて

気づいたら攻撃の術を無くし

苦し紛れに前に出すけど繋がらず

結局、チャンスを作ることすら出来なかった

こんなところじゃないでしょうか?

失点したっていうことは

高い位置でボール取られたり

大きく展開されたと思ったら

なんかフリーな人がいたんですけど!

そこからなし崩しになって

決められちゃったよ…。

こんなんじゃないでしょうか?

負けた試合の録画観れば

ほとんどのケースで当てはまるパターンですね。

ただ、今までの負けとはちょっと、ネェ…。

メンバー的にアカンやろ!

若手を切って中堅・ベテラン組で挑んでもダメじゃ。

完全に負の迷宮に迷い込みましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

自滅への序章…

J1第3節・神戸戦

1-4(良治-大久保2、レアンドロ2)

未だ攻撃のリズムが掴めず

ついにはGKが崩壊…。

哲也

先週の躊躇した後遺症か、一歩が遅く

ペナルティエリア外にてチャージ

一発レッドで退場…

高桑

ベテランらしからぬ浮つきっぷり

中途半端な処理により

相手に絶妙なラストパス…

こんなことしていたら

攻撃力欠乏症のクラブに

勝つ術はございません。

うちの1得点が

鈴木からのクロスに良治のボレー。

すごくイイ形で決まったから

後半は期待を持っていたんだけどねぇ。

2失点目がすべてでしたね。

あんな形で決められたら

試合の流れは相手にいってしまいますわな。

でも、何でだろう。

これだけ大敗したのに

私自身、ダメージがあまりないのは。

これが去年だったら平静でいられなかったような…。

やっぱ、あれなんだろうか

「サカつく」で育成することに必死になってるから

こういう状況に適応出来てしまっているのだろうか?

実際、3試合続けてルーキーがデビューしてるしね。

さらにこの後、お菓子杯だし。

若手を出すには良い機会。

なんか勝敗とは違うところに

楽しみを見出してしまっていて良いんだろうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

発展途上なゆえに

J1第2節・横浜FC戦

0-1(   -早川)

いつになっても変わりませんなぁ…。

お昇りさんとの相性の悪さわ。

相変わらずジャスティスは、らしさを振り撒いていたけれども

それ以前の問題。

フィニシャーの不在!

ゴール前までは行けるけど

最後の最後が手詰まり状態。

みんながみんな呪いの呪文に嵌まっている。

「攻撃的」という呪文に

シュートをただ撃つことが攻撃ではない。

決められなければ意味が無い。

ただ、今はまだ連携がとれなさ過ぎる。

周りが見えていれば

流せばフリーな選手がいたのに強引に撃ってしまい

撃てるところではなぜか慎重な選択をしてしまう。

そうなると打開策は個人技になるのかなぁ。

功治がボールを持つと

やっぱり何とかしてくれそうな気配が…。

でも、突破力があるにしても限度がある。

個人技だけで決められる試合は年間でもほんの数試合。

FKもこころなしか今一歩、ってな印象。

あんまり決めてるイメージないしね。

この試合がデビュー戦の乾にしてもそう。

あのドリブルはこれから先も期待感いっぱい。

でも、かわせたとしても一人か二人。

三人、四人と寄せられればどうにもならない。

あと数試合は、今のままでも健闘をしたと思われる。

だが、その状態が長く続くと役不足へと評価は変わっていく。

早くにフィニッシュを決めるか

コンビネーションがとれて、スルーパスが決まるかしないとね。

裕介も勝負するところは挑んでいったし

おしいシュートもあった。

しばらくは左サイドは大丈夫でないの?

クロスの精度に関しては

裕介だけの責任じゃないしね。

フィニッシャーとの呼吸が合わなきゃ決まらないものだし。

使い込んでいけば解決できるでしょう。

しかしまぁ、増えましたねぇ、ドリブラー(笑)

ワクワク感は去年より増えましたね。

その後の脱力感は未だ変わらずですけど(苦笑)

やっぱりコンビネーションが噛み合ってませんから。

でも、楽しめる要素が出てきただけでも良しとしましょう。

向上できる可能性は大ですし。

ありきたりな言葉だけど

お楽しみはこれからだ!!!

| | コメント (6) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧