« 激務からの脱却 | トップページ | 懐かしさ増量中 »

2007年8月 3日 (金)

すこしずつリハビリ

仕事でやっと新体制になり

私の身代わり、もとい

忠実なる部下が出来たおかげで

自分の時間がだいぶ作れるようになりました。

そんなわけで

ダービー前に溜まり過ぎたサンプルを処理していかないと…。

今回の作品は

「ラスト・キング・オブ・スコットランド」

アフリカにあるウガンダという国に実在した

独裁的で残虐な首相のお話。

と、いわれても…

まったく予備知識がないので

どこまで酷い人だったのかはわかりません(苦笑)

パッケージには何十万という人を虐殺指示したとか書いてあったけど

そんなシーンは特に無かったしね。

独裁的というよりは

猜疑心旺盛といったシーンが多かったし。

まぁ、最後のほうにサディスティックな部分は見えたけど…。

ホントに酷い人物だったのかはチョット微妙?

国家のあり方の違いとか

文化の違いによるものだったりするんだろうけど

イマイチ酷さが伝わりきれていないというか…。

大量虐殺は事実なんだろうけど

その辺の描写が少ないから

内容に重さを感じなかったような気がします。

|

« 激務からの脱却 | トップページ | 懐かしさ増量中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53296/7400930

この記事へのトラックバック一覧です: すこしずつリハビリ:

« 激務からの脱却 | トップページ | 懐かしさ増量中 »