« 2007年2月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年3月22日 (木)

また負けたのね…

ナビスコ杯予選リーグB組第1戦・大宮戦

0-1(   -大悟)

公式戦、ついに3連敗…。

どこまで続いてしまうのやら。

長引きそうだからシャレになりません(涙)

まぁ、この試合見てませんので推論ですから

あまりいじめないでね。

無得点ってことは

安全地帯で無意味にボールを回していて

気づいたら攻撃の術を無くし

苦し紛れに前に出すけど繋がらず

結局、チャンスを作ることすら出来なかった

こんなところじゃないでしょうか?

失点したっていうことは

高い位置でボール取られたり

大きく展開されたと思ったら

なんかフリーな人がいたんですけど!

そこからなし崩しになって

決められちゃったよ…。

こんなんじゃないでしょうか?

負けた試合の録画観れば

ほとんどのケースで当てはまるパターンですね。

ただ、今までの負けとはちょっと、ネェ…。

メンバー的にアカンやろ!

若手を切って中堅・ベテラン組で挑んでもダメじゃ。

完全に負の迷宮に迷い込みましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

自滅への序章…

J1第3節・神戸戦

1-4(良治-大久保2、レアンドロ2)

未だ攻撃のリズムが掴めず

ついにはGKが崩壊…。

哲也

先週の躊躇した後遺症か、一歩が遅く

ペナルティエリア外にてチャージ

一発レッドで退場…

高桑

ベテランらしからぬ浮つきっぷり

中途半端な処理により

相手に絶妙なラストパス…

こんなことしていたら

攻撃力欠乏症のクラブに

勝つ術はございません。

うちの1得点が

鈴木からのクロスに良治のボレー。

すごくイイ形で決まったから

後半は期待を持っていたんだけどねぇ。

2失点目がすべてでしたね。

あんな形で決められたら

試合の流れは相手にいってしまいますわな。

でも、何でだろう。

これだけ大敗したのに

私自身、ダメージがあまりないのは。

これが去年だったら平静でいられなかったような…。

やっぱ、あれなんだろうか

「サカつく」で育成することに必死になってるから

こういう状況に適応出来てしまっているのだろうか?

実際、3試合続けてルーキーがデビューしてるしね。

さらにこの後、お菓子杯だし。

若手を出すには良い機会。

なんか勝敗とは違うところに

楽しみを見出してしまっていて良いんだろうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

発展途上なゆえに

J1第2節・横浜FC戦

0-1(   -早川)

いつになっても変わりませんなぁ…。

お昇りさんとの相性の悪さわ。

相変わらずジャスティスは、らしさを振り撒いていたけれども

それ以前の問題。

フィニシャーの不在!

ゴール前までは行けるけど

最後の最後が手詰まり状態。

みんながみんな呪いの呪文に嵌まっている。

「攻撃的」という呪文に

シュートをただ撃つことが攻撃ではない。

決められなければ意味が無い。

ただ、今はまだ連携がとれなさ過ぎる。

周りが見えていれば

流せばフリーな選手がいたのに強引に撃ってしまい

撃てるところではなぜか慎重な選択をしてしまう。

そうなると打開策は個人技になるのかなぁ。

功治がボールを持つと

やっぱり何とかしてくれそうな気配が…。

でも、突破力があるにしても限度がある。

個人技だけで決められる試合は年間でもほんの数試合。

FKもこころなしか今一歩、ってな印象。

あんまり決めてるイメージないしね。

この試合がデビュー戦の乾にしてもそう。

あのドリブルはこれから先も期待感いっぱい。

でも、かわせたとしても一人か二人。

三人、四人と寄せられればどうにもならない。

あと数試合は、今のままでも健闘をしたと思われる。

だが、その状態が長く続くと役不足へと評価は変わっていく。

早くにフィニッシュを決めるか

コンビネーションがとれて、スルーパスが決まるかしないとね。

裕介も勝負するところは挑んでいったし

おしいシュートもあった。

しばらくは左サイドは大丈夫でないの?

クロスの精度に関しては

裕介だけの責任じゃないしね。

フィニッシャーとの呼吸が合わなきゃ決まらないものだし。

使い込んでいけば解決できるでしょう。

しかしまぁ、増えましたねぇ、ドリブラー(笑)

ワクワク感は去年より増えましたね。

その後の脱力感は未だ変わらずですけど(苦笑)

やっぱりコンビネーションが噛み合ってませんから。

でも、楽しめる要素が出てきただけでも良しとしましょう。

向上できる可能性は大ですし。

ありきたりな言葉だけど

お楽しみはこれからだ!!!

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年3月 6日 (火)

催促サンプル、やっどゲット

土曜日に開催される

負けるわけが無い試合に向けて

テンションが徐々に高くなっている今日このごろ。

仕事が手につかないってわけじゃないけれども

はっきり言って今週は他人任せにしております(笑)

そんな中でも自分に必要なことだけは

抜け目無くやっていたりしています。

その一つがこの作品のサンプルを入手すること!

その作品は

「プリズン・ブレイク シーズンⅡ」

刑務所から脱走するってアレね。

「シーズンⅠ」があんな終わりかただったし

早い段階で「Ⅱ」があるのわかっていたけど

脱走するのに24話使っていたからねぇ…。

今度はそれなりの結論出してよ!

それでなくても事件が増えそうなんだし。

それよりも問題なのが

また、大人の事情がらみの発売スケジュール?

途中で発売間隔を何ヶ月も空けなくたっていいじゃんよぉ。

おかげで回ってきたサンプルも途中まで。

しかも前回、プチネタバレやっちゃったもんだから

しっかり釘刺されました(苦笑)

でも、嫌がらせ的な発売スケジュールにする方も悪いんだし

いっそのこと今回は全ネタバラシ、やっちまおうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 3日 (土)

結果のみで内容無し

J1第1節・甲府戦

1-0(功治-  )

とりあえず言っときますか

祝!開幕戦勝利!!

なんですけどねぇ…。

勝ったっていう結果だけで

内容はとてもじゃないけどお粗末。

こんな試合、何試合も続けられた日にゃ

こっちの身が持ちません!

「攻撃サッカー」を掲げて

システム、変えてみました

メンバー、若返らせました

なのに、去年より悪くなってしまいました…

ボールは相手にキープさせ放題

攻撃手段は手詰まり状態

あげくにパスミス乱発。

まぁ、いきなり変わるもんじゃないし

変わってしまっても怖いけど

今のやってることって

理想が遠い異国の地を見ているような

遠い目をしてしまうのは私だけでしょうか?

正直なところ、今日のゴールも功治の個人技があってのものだし

なによりも今のマリノスで

相手ゴール付近でボールを持ったら期待できるのは

功治だけのような気がしてなりません。

マルケスはキープはできるけど、そこまでのようだし

坂田にしても抜け出るところまでって感じだし

師匠にいたっては、ねぇ…。

違った意味でやってくれたけど(苦笑)

まさか、もう来週はその姿が見れないとは。

まぁ、個人的にはオオシが見れそうだからいいんですけど。

とにかく来週は負けるはずのない試合!

それまでの時間でどこまで進化できるのか

それを期待したいです。

いくらなんでも、今日より悪くなることはないだろうしね。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年8月 »