« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

ちょっとグロすぎたかも

Jリーグチップス第2弾を買い始めて早、数日

カードもすでに40枚は超えたのに

17チームしか手元にありません。

また、マリノスだけが出ないってか!

もう、いいです。

気長に買い続けましょう。

それでは今日の作品。

「ホステル」

謳い文句はサディスティック・ホラー。

ホラーと言っても

忍び寄る恐怖とか追い詰められる怖さではなく

見た目に痛くて寒気がする

そんな感じがメインです。

全編通してあるのは

人間の欲望。

それを如何にして満足させるかというところ。

まぁ、おいしい話には裏がある

そんな典型的なストーリーの展開。

人間、何かを得るためには

それなりの代償が必要。

それが見事なまでに表現されている。

だから話の繋がりがわかりやすいし

観ていて飽きもこないでしょう。

ただし、スプラッタに耐えられる方ならね(笑)

スリル感もけっこうあるので

あっという間に時間が過ぎてしまうかもしれません。

しかもこの作品

すでにパート2もあるらしいです。

でも、今の映画作品で

第2作が無いほうが少ないですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月30日 (火)

期待しすぎは禁物

新ユニも発表され

きっちりと予約も完了。

今年も背番号は変わらずオオシで。

開幕まで一ヶ月ちょっと。

それまでにどこまで仕事をこなせるか?

これが遠征にも影響するので、日々奮戦中です。

珍しくね(笑)

そんなんで今回は

「ナチョ・リブレ」

プロレスのルチャ・リブレをモチーフにした

プチ感動を織り込んだコメディ。

私、けっこうプロレス好きだし

ルチャは真剣勝負もあるけど

どちらかと言えば楽しい要素が多いプロレス。

それが知らないうちに期待感となっていたんでしょうねぇ…。

ちょっとした肩透かしってヤツ…

プチ感動っていう部分では文句なし。

日本でいうところの「タイガーマスク」的要素だから

けっこう受け入れやすいです。

でもねぇ…

ルチャがこんなんですか…。

まぁ、ジャック・ブラックの体型を考えたら

ムチャは出来ないんだろうけど

楽しさがリングに無いんだよね。

動き自体の迫力は最初からあまり期待はしていなかった。

所詮はプロではないんだし。

でも、コメディでこれじゃ、ちょっと…。

プロレスを知らない人なら充分なんでしょうけど

知っている人にはかなり物足りないでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

別物にはみえない

マリノスも新体制を発表したし

後はひたすら開幕までガマンの日々。

ただし、

メンバーの中に不可解な名前が何名か居たけどね(笑)

別にチームが過去2年の状態から

変わってくれれば誰が来てもいいですけどね。

まぁ、そんなんで暇つぶしにお仕事(笑)

今回、観たのは

「ザ・センチネル」

内容はサスペンス・アクション。

大統領暗殺の陰謀。

裏切り者あり。

ファーストレディのかかわり。

そしてキーファー・サザーランドとくれば

「24」との違いを探せ!(笑)

そんな感じです。

職業の名前が違うけど

やっていることはほぼ同じ。

ただ、緊迫感がこっちは少ないかな?

なにせ100分程度の内容ですから。

スケールが違いすぎます。

それでもプチ「24」として考えれば

適度に楽しめるんじゃないでしょうか。

疲れないしね。

ただし、「24」を観すぎているためか

キーファー・サザーランドのスーツ姿が

あまりにも不自然に感じてしまったのは

気のせいでしょうか?

なんかアクティブさが

全体から感じなかったのも

これが要因なのではないかと、ふと思ってしまいました。

特典には

「24シーズン6」のプレビューが付くんだそうな。

そっちの方がメインになったりしてね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月20日 (土)

仕事始め

プチバカンスから戻り

早、2週間ほど経ちました。

その間、ある意味行方不明になりかけていた

師匠がホントに入団してしまったりと

楽しいネタをマリノスは提供していましたね(苦笑)

私はというと

新年会という名の修羅場(笑)

決起会という名の惨劇(笑)

そんなもののためにまともに仕事が出来たのは

1、2日程度……。

かさんだノルマをこれから少しずつこなしていかないといけなくなりました。

そこで新年初作品は

「地獄の変異」

内容としてはパニックアドベンチャー。

しかも本格的な探検隊もの。

まぁ、出てくる化け物は

タイトル通りの突然変異したもの。

なんだけどねぇ…

イマイチ変異の仕方が不自然じゃなかったか?

無意味なシルエットしていたようにも思えなくもないしね。

洞窟内を進んでいく描写は

重装備かつ近代的で

とても良かったです。

いかにも未開の地底を探っている感じが出ていたし。

それからしても

出てきた化け物の迫力と

パニックにならなきゃいけない恐怖感の薄さが

ちょっと残念だったかもしれません。

やっぱりオチから逆算しての変異だったのでしょうかね。

アドベンチャー部分がカッコ良すぎた感もあり

パニック部分との格差が

もったいないような印象があります。

ただ、怖すぎることはないので

とっつきやすいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月10日 (水)

新年

いつの間にか新年になってしまいました。

私はプチバカンスしていました。

国内ですけどね(笑)

そのせいもあって

こんなブログやっていたこと

しっかり忘れていました(爆笑)

そんなわけで

ことしもよろしくお願いします。

あんまりたいした内容はないですけど。

しかも今はシーズンオフですしね。

マリノスについては

あまり書くことはないでしょう。

気長に開幕を待つだけですなぁ…。

っていうことは

しばらくはおとなしく仕事ですかね。

去年からあんまり進展ないですけど(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »