« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月25日 (月)

2006年、終戦…

天皇杯準々決勝・G大阪戦

1-3(坂田-播戸、家長、マグノアウベス)

あまりにも先制点が早すぎたのが

不幸を招いたんでしょうか?

目的地に行くことなく

2006年が終わってしまいました。

まぁ、ノックアウト方式の大会で

あれだけ防戦一方になってしまっては

勝てということ自体、無理というものでしょう。

完全なる力負け!

これが今のマリノスの実力です。

去年とどの大会においても

成績的には変わりなく

戦力的にも劇的な補強もないまま

流されるように戦うことになってしまった今年。

サポのみなさまにはいろいろな思いがあるでしょうけど

これを糧に来年に気持ちを切り換えましょう。

実力のある選手が多く去ることになりましたが

先の楽しみな新人がいっぱい入ってきますしね。

そういったこともあり

私は年チケもメンバーズも

すでに申し込んであります。

人によっては

フロントの在り方がどうとか

監督が誰になるのかとか

そういったことで二の足を踏んでいる方も

いらっしゃると思います。

しかし、私にはそういったことでの迷いはありません。

根底にあるものが

何があってもトリコロールが好き!

結局そこに行き着くから。

あっ、来年はこれにもう一つ

「アンチフリエ」も加えときますか(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年12月10日 (日)

薄氷の勝利

天皇杯5回戦・大分戦

1-1(坂田-高橋)

PK戦4-2

無事に長崎から帰還。

寒い中での遠征、お疲れさまでした。

どんな形でも勝てればあの環境下ならOKです。

ノックアウト方式である以上

勝利こそがすべてですから。

雨の降りが強くなったり弱くなったりする中で

なんとかボールを回して

前半でほしかった先制点をゲット!

しかし、この後が続かず…。

まぁ、ピッチ状態が悪いから上手くやりたいことが出来ないんだろうけど

いい状態の時でも出来てなかったからねぇ…

結局は、いいところまでいくんだけど

そこで決めることが出来ない。

そのため後半で追いつかれることに…。

その後もゴール前までは行くんだけど決まらない。

ジローにドラゴンにマルケスと

攻め手を切り替えるけど

やっぱりゴールは決まらず。

残業30分も終わりPK戦へ。

この日のヒーローはここにいました。

これからは守護神と呼ばせていただきます!、哲也様

うちの一人目、お兄さんが決めた後

大分の一本目をきっちりセーブ!

いきなり相手の出鼻を挫いてくれました。

二人目、三人目はともに決め

ドラマの四人目へ(笑)

狩野くん、見事に失敗…。

まぁ、若さゆえの過ちということにしておきましょう。

こういう経験を積んでこそ成長するものですしね。

ここで流れを変えさせなかったのが哲也様!

大分の四人目もきっちりストップ。

これで勝負アリ。

うちの五人目を河合が決め勝利。

いやぁ~~、勝ってホント良かった

あの天気の長崎まで出張って負けてたんじゃ

ダメージは計り知れません。

帰りの足取りが違いますから(笑)

これにより神戸行き決定!

しかもこの数十分後、神戸の昇格決定。

う~~~ん、

来年行く意味が出来たのか…。

ちょっと複雑な感じ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

素直に喜びきれない…

J1第34節・千葉戦

2-0(坂田、ハユマ)

リーグ戦、最終戦をなんとか勝利で終了!

内容も獲るべきところで点を獲り

しっかり守って無失点。

なのに、空しいのよねぇ…。

最終成績:13勝6分15敗・9位

えらい中途半端…。

しかも負け越しかよ…。

終わり良くてもこれじゃ喜べるわけがない!

まぁ、こんな成績じゃ

大リストラも致し方ありません。

それでなくても

新人さん、団体でいらっしゃいますし!

とりあえず、悪い流れだったリーグ戦は終わったわけですし

気持ち的にもリセット!

次なる戦いに

我々も気持ちを切り替えましょう。

そのためにも

私は長崎には乗り込むんですけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »