« 多くを語る価値なし | トップページ | そっとしておいて… »

2006年7月25日 (火)

本気で正念場

ナビスコ杯の準決勝の相手も鹿島に決まり

これで心置きなく明日の磐田戦に臨めます。

そろそろここらで勝点3を獲らないと、どこまでも落ちていってしまいかねません。

それでなくても岡ちゃんもかなりの覚悟があるみたいですから。

たしかにこのメンバーでこの結果では…

この状況が、あと数試合も続いたら交替劇も起こりうるでしょうなぁ。

まぁ、監督が覚悟を決めている以上、

選手にもそれは伝わっているじゃないでしょうか。

なんだかんだいって、岡ちゃんの求心力は大きいものがありますから。

ただし、功治はおとなしくしているように!

まだ、このメンバーでなんとかできるはずです。

100%の状態で戻ってきてもらわないと。

戻って数試合でまた離脱…

なんてことにはならなように。

こんな心配をしてしまうぐらい負の力が漂っているのかもしれません。

しかし、結果さえ出れば流れを変えられるぐらいの実力と経験を持っているはずなんですから。

勝利を見るまでは追いかないといけないかな。

|

« 多くを語る価値なし | トップページ | そっとしておいて… »

コメント

もう、ケガ人が…
なんてことを言える状況ではないですからね。
今いるメンバーでも充分、戦力的には闘えるはずなんですから。
とにかく流れを変えるためには勝点3!
>milaさん

投稿: tomtom14 | 2006年7月26日 (水) 19時01分

功治も坂田も、万全の状態で戻ってきてほしいですよね。無理だけは絶対に避けてほしい…。

先の鹿島より、まずは目の前の磐田ですね。ここで勝ち点3を取って、ズルズル下降にブレーキを!

投稿: mila | 2006年7月25日 (火) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53296/2798243

この記事へのトラックバック一覧です: 本気で正念場:

« 多くを語る価値なし | トップページ | そっとしておいて… »