« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

なんと言っていいのやら

J1第16節・新潟戦

2-0(ドゥトラ、功治

良かったよぉ~~~。

勝てちゃったよぉ~~~。

どれだけ待ちわびた結果でしょうか。

久しぶりすぎて、喜び方忘れてしまった(爆笑)

何本、無駄なシュート撃ったってかまいません。

数撃ってりゃ、こういうことだって起こるんです。

今までの悪いときは、撃て!

っていう時にすら撃つことをしていなかった。

今は撃っちゃったよ…

なんて場面も多々ありますが。

しかし、いいんですよ。

シュート撃たなきゃ点は獲れないんだし。

畳み掛ける姿勢が、勝ちたいっていう気持ちの証なんですから。

しかも無失点ってくれば結果オーライです。

やっぱ3バックがしっくりくるね。

そして今のマリノスには不可欠な選手!

生涯マリノスで貫き通してね、良治!

ここまで攻撃にタメができるなんて。

これからも頼りにしています。

しかし!

幸か不幸か、また中断期間に突入…。

せっかくいい感じになったと思ったらこれだ…。

このスケジュールは何の陰謀だ!

まぁ、決まっていることですから致し方ない。

今度こそはきちんとしたチーム状態で再開してよ。

あっ、勝点3貰ったお礼に、10月の新潟には行かないとね!

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年7月27日 (木)

そっとしておいて…

J1第15節・磐田戦

1-3(大島-前田2、船谷)

見事なまでに返り討ち…。

倍返しされてしまいました。

お菓子のときに、一試合は引き分けておけばよかった?

試合を消化するごとに順位が落ちています。

いっそ、底まで行ってみるか!?

選手の気持ちはねぇ、正直見えているのよ。

シュート数にも出ているし。

何が何でも勝ちたい!

勝つためにはシュートを撃てるときに撃たないと、っていう姿勢も出てるし。

ゴールに嫌われていますなぁ…

何がおかしいのでしょうねぇ…

岡ちゃんに少し迷いがないかい?

佑二がいないからって4バックにしなきゃいけないほどCBはいないのかい?

サイドや苦し紛れのパワープレー以外に攻め手がないほどタレント不足かい?

やっぱり、マンネリが蔓延してきているのかねぇ。

ここらで大きな改革しないといけない時期にきたんじゃないの?

大胆なメンバーチェンジがあっても今のマリサポなら誰も驚かないよ。

むしろそれぐらいのことを望んでいるから。

そんな決断ができる指揮官がいることも知っているしね。

能力やコンディションだけでなく

指揮官の閃きも取り入れてしまえばいいじゃないの?

結果が出ていない時だからこそ

マリサポが驚愕するぐらいのスタメンが見てみたい。

こんな時じゃないとできないことだしね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

本気で正念場

ナビスコ杯の準決勝の相手も鹿島に決まり

これで心置きなく明日の磐田戦に臨めます。

そろそろここらで勝点3を獲らないと、どこまでも落ちていってしまいかねません。

それでなくても岡ちゃんもかなりの覚悟があるみたいですから。

たしかにこのメンバーでこの結果では…

この状況が、あと数試合も続いたら交替劇も起こりうるでしょうなぁ。

まぁ、監督が覚悟を決めている以上、

選手にもそれは伝わっているじゃないでしょうか。

なんだかんだいって、岡ちゃんの求心力は大きいものがありますから。

ただし、功治はおとなしくしているように!

まだ、このメンバーでなんとかできるはずです。

100%の状態で戻ってきてもらわないと。

戻って数試合でまた離脱…

なんてことにはならなように。

こんな心配をしてしまうぐらい負の力が漂っているのかもしれません。

しかし、結果さえ出れば流れを変えられるぐらいの実力と経験を持っているはずなんですから。

勝利を見るまでは追いかないといけないかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

多くを語る価値なし

J1第14節・福岡戦

0-0……スコアレス…

……

………

下位チーム相手にこれですか…

なにやってんの!!!

内容で圧倒しようが

シュートを多く撃とうが

無失点で抑えようが

勝点3を獲れなきゃ意味がない!!!

たしかに勝たなきゃいけないっていう気持ちは出ていた。

普段なら撃たない位置からのシュートもあったし

ゴール前の人数もいつもより多めだった。

なのになんで???

あれだけコーナーキックもらっておいて

一本も決められないなんて…。

ヘディングはとんでもないところにいくし

フリーな状態だと撃ち切れない。

ちょっと深刻化しそうですなぁ…。

無得点時間の記録なんて作らなくていいよ。

いいかげん、結果が出ないと

8月には入れ替え戦あたりに立候補!?

なんてことになりかねませんから。

| | コメント (8) | トラックバック (3)

2006年7月22日 (土)

先行きに不安が

佑二がケガですか…。

少なくとも今月のゲームは無理。

復帰はPSM明けになるんでしょうね。

まぁ、いい休養になるんじゃないでしょうか。

私にはどんだけ体調不良になっても休んでいる暇はなし。

なにせ今月の休みは全部マリノスの試合に使うから。

よって明日こそはどんな内容であろうが勝ってもらわんと!

結果が出ないとホントに倒れるかも…。

寸でのところで今はなんとか踏みとどまっています。

とにかくメンバーは揃っているんです。

ケガ人も戻ってきているんだし。

ただ、開幕連勝後も一試合消化するごとに一人ずつ減っていたような…。

再開直後にいきなり佑二が離脱…。

まさかとは思うけど、また負の確変に入りかけているなんてことは…。

そんなことにならないためにも明日は何が何でも勝利あるのみ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

進歩なし…

J1第13節・清水戦

0-1(  -兵藤)

えっ…と…

二ヶ月は時間過ぎたんですよね…

私が昨日見たのは何?

中断前との変化はどこ?

あれだけ押し込まれても無失点で切り抜けた前半。

これはアウェイだし、まぁ及第点でしょう。

あれだけ決定機を演出しておいての無得点の後半。

まだ、決めきれないか!

さらに高い位置でのパスミスの多さ。

泥沼のときに戻っとるやん!

挙句の果てに終了間際の失点。

お決まりのパターンで締めてどうする!

もしかして本番には弱いですか。

キャンプや練習試合では調子良さそうだったみたいだけど…。

まぁ、正直動きは90分でみたら

圧倒的に清水のほうが良かったからね。

マリノスほうが年?なのかな(苦笑)

出てしまった結果なんだからこれはもうしょうがない。

アウェイだったんだしこれはこれ。

日曜には、きちんとらしさを見せてくれるでしょう。

でなければ、こんどは許されないよ。

って、いったいこれでこんなこというの何度目だろうか。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年7月18日 (火)

いよいよ明日、出陣!

やっと待ちに待った日がきます。

今夜は寝れるでしょうか?

今から気持ちが高ぶっています。

今週のもう一試合が日曜日でよかった。

土曜に出勤することで、しっかり明日のお休みが取れました。

往復の足も確保しました。

荷物もまとめてあります。

体調も完全回復。

倒れる前の状態にまで戻せた気がします。

不安要素はただ一つ。

いきなり雨の洗礼ですか…

予報では静岡地方は午後から止んでいくみたいだけど…。

しかし、そんなもんでダメージは受けない。

大丈夫でしょう…

……

……たぶん…

ここが数日、記事の更新がなかったら

また運ばれてしまったと思ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

貴重なものを見た

Jリーグ・JOMOオールスター戦。

まさかあんなFKを見られるなんて!

佑二、リーグ戦でもやってしまいな!

まぁ、もう一回決めろといわれてもたぶん無理でしょうけど…。

オールスターならではのプレーでしょう。

着けていた番号が悪影響を与えたんでしょうか?

あの位置までのドリブルもマリノスならばあのお方の専売特許ですし(笑)

きっと対抗心、燃やしてるんでしょうね。

メチャメチャ怖い…。

ゴール決めるまでドンドン上がって行きそうで(爆笑)

気が済むのなら、一度だけならFK蹴ることを許す!(笑)

でも、リーグ戦やカップ戦は困るなぁ…。

あぁ、PSMがあるじゃん!

そこで見せつけてあげればいい。

相手にはFKのスペシャリストがいるんだし。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年7月13日 (木)

Jモードに切り替えますか

ついにJリーグ再開まで一週間を切りました。

マリノスはアウェイからのリスタート。

気ぃ入れていかんとね。

ケガ人もだいぶ戻ってきたし。

再開ゲームのメンバーが楽しみ(笑)

元々、選ぶのに困ってしまうぐらいの戦力はあったんですから。

これは岡ちゃんの腕の見せ所ですなぁ。

ここまでくればコンディション重視でしょうね。

むしろ心配なのは私のほう(苦笑)

いきなり遠征。

ナイターとはいえこの季節。

嫌な蒸し暑さの湿気。

90分もつ自身がありません(苦笑)

いまから少しずつ体力つけていかないとヤバイかな。

日産なら多少燃え尽きても歩いて帰れるけど

いかんせん、最終電車ギリギリのスケジュールですから。

どっかで倒れなきゃいいけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

今回はTVスペシャル?

今回観た作品は

大物続編作品が公開される少し前に話題になった作品。

オリジナルはかなり昔の、

今、劇場公開されているものはリメイク、

そして私が観たものはたぶんTVスペシャル版みたいなもの。

その作品は

「ポセイドン・アドベンチャー」

沈没しかけている船から出口を求めて危険な中を進み行くパニックもの。

3作品とも内容的には大筋はいっしょです。

ただし、今回観たものは

前・後編あわせて3時間コース!

正直いって長すぎます。

はっきりいってどうでもいいシーンが多いです。

リメイク版のほぼ2倍の長さって何?

それと予算的なものでしょう、

CGもちょっと…

っていうシーンがちらほら。

まぁ、時間的に余裕があり

オリジナルや劇場公開版を観たことある方なら

見比べてみるのもいいかもしれません。

ただし、

内容的にはけっこう似通っているので続けて観ることはおすすめはしません。

試してみるなら時間を空けたほうがいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金)

なんとも言い難いです

Jリーグ再開まで2週間を切りました。

少しずつ春頃の生活パターンに戻していかないと。

自分の環境も少し変化したし。

そのためにもテンポ良く、作品を観ていきましょうかね。

今回観た作品は

「ロード・オブ・ウォー」

ニコラス・ケイジが主演のやつです。

内容としてはサクセスストーリー?

で、いいんでしょうね。

武器商人として成り上がっていくんですから。

まぁ、結論としては

アクションは期待しちゃダメだよ!

タイトルからしたら戦争モノとイメージするでしょうけど。

ある意味、戦争は戦争なんだけど。

あくまでもメインとなるのは戦争の裏側的なところ。

武器商人なんて言ったら

戦争を食い物にするっていうイメージしかないけど

実際のところ漠然としたものしか持っていなかったし。

この作品の中では少し違った印象を持てたかな。

商才を持った者が扱った商品がたまたま武器だった。

それをどれだけ効率良く稼ぐか。

そういった部分が描かれていました。

武器の売買が善いか悪いかは言いません。

作品中で言った一言が大切なことでしょう。

武器が人を殺すのではない、扱う人が殺すんだ。

全体を通して観てみれば

かなり重い言葉に感じると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

少しずつ仕事絡みも書かないと

生活パターンに今のところ変化なし。

そうなると少しは時間のゆとりもできるわけなので

観られるところで観ておかないとね。

そんなわけで今回観た作品は

「力道山」

まぁ、ドキュメントではなくヒューマンドラマってとこなんで

あまり期待はしていませんでした。

それに私は世代的には馬場・猪木になるんで。

力道山といわれてもあまりピンときません。

それでも感動的なシーンが…

破壊王~~~!!!

在りし日の橋本真也がそこにいたから。

そこにだけ過剰反応してしまいました。

他の部分は正直ちょっとね…。

日本にプロレス興行が根付いていくプロセスはそれなりにわかったし

戦時中、戦後といった時にあった人種差別もよくわかりました。

でも、力道山ですからね。

もう少しプロレス部分がないと食いつき悪いかな。

人間性の部分が多くなるのはわかるけど

偏りすぎた性格の描写がしつこかったかな。

それに人間性を表すなら家族の描写が少なかったような…。

子供たちが出てきてもよかったのでは。

まぁ、こればかりはある程度の事実に基づいた創作ですからね。

作品そのものを楽しむ観方もあれば

ある部分だけを楽しむという観方もあるということで。

これはそんな感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

そろそろ落ち着きました

新しい人事体制になって2日。

まぁ、それなりにやれそうですな。

そんな状況で飛び込んできたのが

中田英寿の引退。

すんなりこのニュースを私は受け入れられました。

驚きはあったけどね。

なぜでしょう…。

それはたぶん、私の中でのクラブと代表への思い入れの差…

そんな気がします。

別に代表が嫌いとか

今回のW杯で失望したとかそんなんではありません。

私の日常の中で代表よりクラブと接する時間が単に長いから。

それだけです。

クラブあっての代表!

この思いをこのことでより認識できたような気がします。

だから簡単に自分の中で消化できたんでしょうね。

ヒデの代表での存在感、必要性、そして今までの功績には賛辞を贈ります。

でも、ここ数年のヒデが所属したクラブのサポからしたら、その評価はどうなんでしょう?

我々とは大きく違ってくるでしょうね。

まぁ、それでもいいでしょう。

間違いなく、日本を代表するサッカー選手は?

と、問われれば日本人なら胸を張って言える名前でしょう!

中田英寿って!

これですっきりとした思いで日本代表への思いを断ち切れ

Jリーグ後半戦へとシフトチェンジできます。

ここから各クラブのサポが彼に替わる誰もが認める選手を生み出していきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »