« 昔の姿はどこに? | トップページ | 私も復活! »

2006年4月17日 (月)

うちはどういうチームなの?

J1第8節・ガンバ大阪戦

3-4(大島、松田、狩野-マグノ2、二川、前田)

やっと仕事の遅れを取り戻し、落ち着いて録画が観れました。

これを惜敗っていうんでしょうね。

でも、わたしはこの内容では拍手は送れません!

落ち着いて録画で観れたからこその印象なんでしょうけど。

たしかにケガ人続出の中、

前半からあのメンバーでプレスを掛け

気持ちを見せて引くことをせず、攻撃的にいきました。

リスクを犯している以上、

殴り合いの展開になるのは致し方ありません。

でも、ポイントとなるところではチグハグなことになっていましたね。

それが失点つながり、さらに敗戦につながっています。

前半、キャプテンが気持ちのこもったゴールを決めた。

うちらしさが全員にあれば1点リードで終了できたでしょう。

でも、できなかった。

気持ちがなぜか前ががりだから。

去年までのDF陣なら

受けきって切り抜ける!

それができなくなった。

4失点目もDF陣の気持ちのすれ違い。

勝つために攻撃的にいかなくてはっていう気持ちが裏目に…。

戦う姿勢が生んだ敗戦と美化して言えなくもない。

でも、私は美化しない。

それはマリノスが何を目指して戦っているのか?

もちろん、王座奪回!

では、こんな試合結果で獲れるのか?

無理でしょう…。

若手もこのスクランブル状態で結果を残してる。

気持ちも前面に押し出して戦えている。

しかし、4失点という内容では意味がない。

敗戦という結果ではチャンピオンになれない。

ここは私は心を鬼にして、まだ内容のあるゲームをできていないと言う。

チームの目標が頂点なのだから。

それに見合った結果でない試合は簡単には認められない。

|

« 昔の姿はどこに? | トップページ | 私も復活! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53296/1441202

この記事へのトラックバック一覧です: うちはどういうチームなの?:

« 昔の姿はどこに? | トップページ | 私も復活! »