« 今回は復讐劇 | トップページ | 明日は決戦! »

2006年3月23日 (木)

なんで観たんだろう…

今回観た作品は

「ホワイト・プリンセス」

内容としてはコメディでもなく、

だからといってヒューマンドラマというには薄く、

全体的に感じた感想です。

大統領の娘が立場上、自由が無く、常にSPやらの監視の下、

学園生活を過ごさなくてはならないという苦悩を描いています。

たしかに、大統領選ってイメージ的に

必ずしも政策どうこうっていうものだけでなく、

スキャンダラスなものによる足の引っ張り合いっていうところもあるでしょう。

この作品では、その部分がクローズアップされていて、

それが今回は子供がターゲットになっただけ。

まぁ、親の犠牲にされる子供っていいもんじゃないね。

子離れできていないっていうか。

立場上、過剰反応するんだろうけど。

ただ、日本だとこんな殺伐としたイメージがわかないというか

大げさすぎるというか。

向こうだとあって然るべきシチュエーションなんだろうけど。

そういう意味では

日本ってホント平和なんだねぇ。

|

« 今回は復讐劇 | トップページ | 明日は決戦! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53296/1137491

この記事へのトラックバック一覧です: なんで観たんだろう…:

« 今回は復讐劇 | トップページ | 明日は決戦! »