« とりあえず回復 | トップページ | 結果オーライでしょ »

2006年2月28日 (火)

忠告は聞くもんです

今回観た作品は劇場公開時から気になっていた「SHINOBI」。

アニメ作品として放送された「バジリスク」を見てコミックスを読み、原作の山田風太郎先生の小説も読み、アニメも最終回まで欠かさず見ました。

劇場公開はアニメが終わろうかといった時期でした。

観に行くか迷っていたころコミックスを貸してあげていた友人が先に観に行き私に一言、

『サンプル出たらそれで充分』

などということを助言してきました。

しかし、サンプルは回ってこず、誘惑には勝てなかったので借りて観てしまいました。

そしてその感想は・・・

『いいところが一つもねぇ~~~!』

あれだけの原作モノを100分そこらで表現しろ、っていうのが無理な話なんでしょうね。

出てきたと思ったら瞬殺されるキャラクターがいるのなら5対5ではなく原作通り10対10でえぇやん。まぁ、予算的なもんなんでしょう、あのキャスティングしてしまったらね。

キャラの所属が違ったのもとても違和感あったし、主役二人以外はオマケ的な印象。それぞれには背負ったものがいろいろあってのストーリーなので内容が薄く感じてしまった。

一番のダメダメは朧。

あまりにも好戦的すぎてなんじゃありゃ、ってかんじ。

「破幻の瞳」そのものが忍術だし、ダイレクトに殺しまでしてるし。

朧ってのは足手まといなかんじが良さであり、何も出来ない普通っぽさが魅力なのに。

だからこそアンチ朧という感情が作品を盛り上げていく雰囲気があって面白いはずなのにそれがあれではね・・・。

まぁ、こんな中でも唯一良かった点は弦之介。

殺し合いに対する感情とか朧への想いなんかは違和感なく受け入れられました。

「瞳術」に関しての捉え方は違えどこれもありかなっていう範囲内のものだったし。

なぜこれが他のキャラにできなかったのか不思議です。

そういうわけで100分ぐらいでお手軽に観るにはこれぐらいのもので妥協せざるを得ないのでしょうが、これを観るぐらいなら・・・

バジリスクを全話見よ!

真実のラストがここにある!

|

« とりあえず回復 | トップページ | 結果オーライでしょ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53296/873511

この記事へのトラックバック一覧です: 忠告は聞くもんです:

« とりあえず回復 | トップページ | 結果オーライでしょ »